喪中ハガキQ&A

相手が年賀状を書く前までに

喪中はがきは、相手方が年賀状を書いてしまわないよう
「10月末〜12月上旬」に届くように出すのがマナーです。

最近は、年賀状も早割印刷が安く、
11月中に手配する方もいらっしゃいますので、早めの手配が安心
です。

喪中ハガキ例文有りで手軽なネット印刷はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

喪に服する期間は1年

両親、夫、妻が無くなった場合は1年間。
兄弟姉妹では3ヶ月間を服喪期間とするのが一般的
です。

この期間は、あくまで一般的な例です。
気持ちの整理が付かない、新年を祝う気持ちになれない場合は
年賀状を出さなくても大丈夫です。
代わりに寒中見舞いを出すと良いです。

最終はいつ?

遅くても、郵便局が年賀状を受け付け開始する前には
届くようにするのがマナーです。
つまり最低でも、12月15日以前に届くように手配します。

印刷の時間も計算にいれて

喪中はがきの簡単な印刷でも
2日程度の納期は必要になります。
文面を考えたり、出す相手を決める、
宛名の記入などを考えて、喪中はがきの印刷準備をします。

喪中ハガキを出すのが遅れてしまった場合

もし喪中ハガキが上記期間に間に合わなかった場合は、
「寒中見舞い」として喪中であった旨伝えるという方法もあります。

文例はこんな感じです。

寒中お見舞い申し上げます。
新年早々お年賀ありがたく頂戴致しました。
当方からご挨拶申し上げるべきところ、
喪中につきご遠慮させていただきました。
なお本年もよろしくお願い申し上げます
平成■年■月

 


本年七月に母○○○が八十九歳にて永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう
謹んでお願い申し上げます

 

挨拶状の印刷サイトなら、喪中ハガキ、寒中見舞い…と

シーンに合わせた例文も豊富なので、便利に活用できます(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓例文豊富な印刷サイト↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓